« ウナギ属の調査の議題で発言を求めましたが… | トップページ | 映画『サファリ』グロテスクな印象が強すぎて見過ごされそうなこと »

2017年12月 5日 (火)

最終日、センザンコウで投票

Img_4193
最終日、12月1日はワーキンググループで決まったことの承認や報告で閉会するかと思いきや、今回の常設委員会で唯一の投票がありました。
それは今年1月から附属書Ⅰにリストアップされたセンザンコウの議題です。センザンコウのうろこは伝統薬の原料として取引されてきました。そして国際取引が禁止されても、多くの違法取引が発覚しています。意見が対立したのは、附属書Ⅰになる前に取引されていたうろこも、附属書Ⅰとして扱うかどうかでした。事務局は、これは締約国会議で決めるべき内容なので、次回の締約国会議まで附属書Ⅰとして扱うことは「指針だ」と強調し、ワーキンググループ案に賛成か反対かが投票にかけられました。
その結果、反対したのは中国、ロシア、クウェートだけで過半数が賛成したため、次回の締約国会議まで附属書Ⅰとして使うことになりました。

この問題は、象牙やサイの角の在庫の取引や、日本で見るからに若いスローロリスが「規制前取得」の登録票とともに売られていた問題と同じです。次回の2019年5月にスリランカで開催される締約国会議で注目される議題になると思われます。

第69回常設委員会の概要はEarth Negotiations Bulletin Volume 21 Number 99 に掲載されています。

またJWCSは常設委員会参加報告会を開催します。
12月21日(木)19:00-20:30 地球環境パートナーシッププラザ(東京)
詳しくはウェブサイトをご覧ください。

鈴木希理恵 JWCS

|

« ウナギ属の調査の議題で発言を求めましたが… | トップページ | 映画『サファリ』グロテスクな印象が強すぎて見過ごされそうなこと »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/72382366

この記事へのトラックバック一覧です: 最終日、センザンコウで投票:

« ウナギ属の調査の議題で発言を求めましたが… | トップページ | 映画『サファリ』グロテスクな印象が強すぎて見過ごされそうなこと »