« 象牙取引を再開する手順の議題が否決される | トップページ | CITES CoP17 会議報告① »

2016年9月29日 (木)

アジアとアフリカのセンザンコウ、国際取引禁止に合意

アジアのセンザンコウのうちインドセンザンコウ、フィリピンのセンザンコウ(和名なし)の附属書Ⅰ掲載(国際商取引禁止)に反対意見なし、マライセンザンコウ、コミミセンザンコウの提案にはインドネシアだけが反対して投票に。賛成114、棄権は日本、中国、ナミビア、マダガスカル、オマーンの5か国、国内市場のあるインドネシアだけが反対。

アフリカの4種のセンザンコウもまとめて附属書Ⅰにする提案も合意されました。
これまでも取引に許可が必要な附属書Ⅱでしたが、大規模な密輸が続いていました。センザンコウはアフリカからアジアに冷凍で輸入され、薬膳にされたり、ウロコが漢方薬の原料にされたりしていました。

|

« 象牙取引を再開する手順の議題が否決される | トップページ | CITES CoP17 会議報告① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/67718501

この記事へのトラックバック一覧です: アジアとアフリカのセンザンコウ、国際取引禁止に合意:

« 象牙取引を再開する手順の議題が否決される | トップページ | CITES CoP17 会議報告① »