« 2013年6月21日 | トップページ | 2013年7月25日 »

2013年6月22日 (土)

スローロリスで販売者が逮捕

●スローロリスの違法取引事件が一斉に報道される
6月18日、登録票のないピグミースローロリスを譲り渡したとして2名が逮捕されました。この事件は20日午後、ネットニュースやテレビで報道されました。

(リンク切れの場合はご容赦ください)
 報道によると、購入した和歌山市の夫婦は、飼っていたスローロリスが死んで悲しいとブログに書き、それを読んだ容疑者らが違法取引をもちかけたそうです。販売価格は18万円でした。先月開かれたエキゾチックペットの展示即売会では登録票のあるスローロリスが65~80万円でしたから破格です。

(東京レプタイルズワールド2013報告
 購入した夫婦は、死んだスローロリスの登録票を返納しなかった容疑で書類送検されました。

●種の保存法の罰が重くなった
 スローロリスは、ワシントン条約で国際取引原則禁止の附属書Ⅰに掲載されています。国内では「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(通称・種の保存法)」により、登録票のないスローロリスの取引は禁止されています。
 2013年6月12日、改正された種の保存法が公布され、登録票のない譲り渡し(第12条)は個人の場合、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金(第57条2)になりました。改正前は1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金でした。

( 官報
●犯罪の立証に生き物の情報が重要
 ワシントン条約締約国会議CoP14でスローロリスが国際取引原則禁止に決まったことが、「種の保存法」に反映されたのは2007年9月13日。しかしすでに2005年7月1日から感染症予防のためにペット目的のサルの輸入は禁止されていました。その間、多くのスローロリスがペットショップで販売されていました。繁殖は難しいので密輸された個体が多かったと考えられます。

 2007年9月13日以前に取得した、もしくは国内で繁殖したことを証明して登録できれば、取引は違法になりません。そのため子どもなのに国内で生まれた証拠がないなどスローロリスの年齢がわかれば、犯罪を立証する証拠になります。

 またこの事件のように、登録していたスローロリスが死んで手元の登録票と違うスローロリスを飼っていた場合、個体を見分ける生物学的な情報が犯罪を立証できるかどうかの重要な証拠になります。

 そのためJWCSでは、2009年2月にスローロリスの研究者を招いて、関係する行政担当者や動物園スタッフを対象に「スローロリス識別ワークショップ」を開催しました。その時に日本語に翻訳した資料を、警視庁に提供しました。

 改正された種の保存法が公布され、登録票の記載内容が明記されました(第20条)。記載内容は「種名、個体の形態、大きさその他主な特徴」などです。今までは種名は「スローロリス」「ピグミースローロリス」程度で、スローロリス類の中で分かれている種の記載が不十分でした。

(JWCSが翻訳した識別チャート http://www.jwcs.org/data/JWCSshikibetuLoris.pdf )

 そのほかには体長・体重・雌雄しか情報がなく、個体識別には情報が不十分でした。今後の登録票には、このような違法取引事件の裁判に役立つ情報を記載してほしいものです。


●「かわいい!」が絶滅に加担する
 またこの事件では動物取扱業の容疑者が、無登録のスローロリスを繁殖させて違法販売を繰り返していたそうです。国内で繁殖したと偽って密輸個体が販売されないよう、制度の厳格化が求められます。

 税関のHPに2012年度の「ワシントン条約に関する不正輸入輸入差止」が公開されました。今までJWCSが情報公開請求を行って得ていた情報です。


( 税関HP
 これを見ると昨年はタイからのスローロリス計3頭(No.267 No.319)の密輸が差し止められています。
 スローロリスが生息する東南アジアでは、スローロリスを絶滅させないための活動が行われています。そして飼い主が「かわいい!」とYoutubeに投稿した動画を見た研究者は、それが威嚇や怯えのしぐさであることがわかるので、ストレスで寿命を縮ませていると警告しています。

Loris1
 

 野生動物は家畜ではありません。東南アジアの夜の森をゆっくり移動し、樹脂や花を食べる野生のスローロリスを想像してみてください。かわいがっている(と飼い主は思っている)スローロリスにとって、ペットにされることは死に至るほどストレスのたまることなのです。

 またペットが高価であるほど密猟や密輸、犯罪を誘います。スローロリスの研究者は、「森の中でスローロリスを見つける頻度より、ペットショップで見つける頻度のほうがはるかに高い」と話し、絶滅を心配していました。
「スローロリスがかわいい」から始まったこの事件は、このような深刻な背景をもっているのです。

鈴木希理恵 JWCS理事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月21日 | トップページ | 2013年7月25日 »