« 生物多様性を保全しなくてはいけないのはなぜだろう | トップページ | COP10後10年の方向を探る会議 »

2011年7月20日 (水)

里山に生きものの賑わいを!

 野生生物保護の関心がかつてなく高くなっているように思われる。テレビで大型動物の生態を取り上げることが多くなり、きまったように生息場所が乏しくなったり、あるいは密猟などで個体数を減らされ、さらには絶滅に瀕するまでになってきているという類のコメントが付け加えられる(事実その通りだから当然ではあるが)。心優しき視聴者は受難の動物に心を寄せる。これが関心の高まりとなって現れるのであろう。

 ところで、私たちの足元でも生きもの―ほとんどは植物や昆虫その他の小動物―の賑わいもほとんど日に日にといってもいいほど失われてきている。とくに私たちにとっての最も身近な”自然”の一つ里山の生物多様性が低下してきている。しかも著しくである。が、こちらの方は大型動物に対するようにはなっていないのは、里山の生物多様性の保全に取り組む者にとってはいささか残念である。

 環境省も2005年に公表した「新・生物多様性国家戦略」で里山の生物多様性の低下を指摘し、その保全の指針を示しており、昨年10月の第10回生物多様性条約締約国会議でもその姿勢を明確にしてはいる。
 私自身はここ10数年来、里山の保全管理に取り組んでいるボランティアの一員に加えてもらい、一緒に汗を流し、時には里山の生物多様性に焦点をあてた管理のあり方などについて話をさせてもらい。あわせて小規模なそれをにらんだ実験なども試みている。

 最近では、ボランティアの皆さんのふるさとの里山への熱い思いのおかげで、生物多様性保全がいささか具体的な形になってきているのではないかと思っている。

(廣井 敏男/ひろい としお JWCS理事・東京経済大学名誉教授)

|

« 生物多様性を保全しなくてはいけないのはなぜだろう | トップページ | COP10後10年の方向を探る会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/40887323

この記事へのトラックバック一覧です: 里山に生きものの賑わいを!:

« 生物多様性を保全しなくてはいけないのはなぜだろう | トップページ | COP10後10年の方向を探る会議 »