« まずは情報交換が大事 | トップページ | ホッキョクグマからみるワシントン条約の動き »

2010年3月15日 (月)

日本による注目のクロマグロ発言は?

午後は、アジアリージョナルに参加。

水産庁からクロマグロとサメ4種、アカサンゴ(宝石サンゴ)に関する提案に反対するつもり。

まず、減少しているという科学的データがない。漁業活動の制約になり、漁業開発途上国についても困る。特定の国に有利で特定の国に不利になるという不平等な構造を生み出す。サメについては、漁獲国は国内市場がないため、輸出が規制されれば漁業完全禁止を意味する。ICCATについてトレーサビィティーなどは行っていことはさけたい。漁業管理については漁獲から消費まで一連の流れの中で管理すべきであり、ワシントン条約は国際取引という一部の段階でしか取り扱えない。
サンゴについてはFAOが反対の立場を示すべきで、漁業資源についてワシントン条約で規制するのには限界がある。

Dscf5783

たしかこれが運用されれば、対象魚類を扱う全ての漁港に税関をおくことになり、現実的ではないですよね。特に、海岸線が長い国は大変ですからね。言い分もわかります。

イスラエルがCITESについても受益者負担者の原則を導入すべきだとして、日本に発言を求められたが、支出が適切に使われるかどうかが重要であると回答。

話題は象牙に移り、MIKE(象牙監視システム)はきちんと機能して密猟は減少していると環境省が強調したが、ケニア野生生物公社はこれを否定。

次に、韓国が発言。日本に賛成。
中国も識別の困難である点も指摘し、モナコの提案に反対していた。
虎骨については国際取引以外の主権侵害の点が除去されなければ、議論には参加できないと主張。現在、トラの生息国の保全にも取り組んでおり、国内取引も依然として禁止している。
他国は中国を非難するだけでなく、サポートを要請していました。

アジアについて日本をサポートするような空気になったが、イスラエルが
国情が違いすぎるとしてアジアとしてひとまとまりになることに釘を刺した。

Dscf5765

どうなる?ワシントン条約でのマグロ、サメなどの漁業対象種・・・
今後も目が離せない!

明日も頑張ります。

|

« まずは情報交換が大事 | トップページ | ホッキョクグマからみるワシントン条約の動き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/33777038

この記事へのトラックバック一覧です: 日本による注目のクロマグロ発言は?:

« まずは情報交換が大事 | トップページ | ホッキョクグマからみるワシントン条約の動き »