« 2008年6月19日 | トップページ | 2008年10月3日 »

2008年6月20日 (金)

ゾウ肉売買でパトロール隊と村人が衝突

Burogu_itiba

▲市場にて

 いつも私が町にいて村に不在のときに、騒ぎが起こります。

 パトロール隊が国立公園内の湿地帯のパトロールから戻ったセカという村でゾウ肉をバイクで輸送する男を逮捕し、その肉はミエレクカ村で入手したという情報を得ました。そこでパトロール隊は即ミエレクカ村に向かい、逮捕された男が白状した、ゾウ肉を彼に売ったという村の男性を捕まえに行きました。

 ミエレクカ村の人々はゾウの畑荒らし問題で公園当局への怒りが非常に強く、昨年3月に一部支払われた賠償金の残りが支払われないために、そこを拠点としていたパトロール隊を村から追い出した人たちです。

 その後つい最近1月に、当局がゾウの畑荒らしが起きている4村の村長たちを町に呼んで会議を行い、賠償金について政府には財源が無いため別の資金源から払うつもりであると説明し、ゾウの密猟という対抗手段に出ないことなど合意に至ったと聞いていました。

 ところが村人が依然として反感を抱いているパトロール隊が軍人とともにいきなり村にやってきて村人を逮捕しようとしたので、またまた村人の怒りが爆発、ゾウ肉を売った男をかくまい、パトロール隊を追い返そうしたので、軍人は空砲を32発も空へ地面へと発し、村中が騒然となったそうです。

 パトロール隊員は村人が一丸となって彼らに反抗したことに憤慨していましたが、村人はそのことを悪びれもせず、軍隊が村で発砲するなんてたいへん危険だと怒っています。

 ゾウ肉はある村人の家の後ろにあるオレンジの木の上に吊り下げられた袋の中から取った、という情報のとおり、確かにそこで押収されたそうです。実際にゾウ肉を売った男性は私もよく知る村人でした。私が問い詰めてみても、自分で殺したゾウの肉ではなく人に渡されたのだとか、どうもはっきりしませんし、逮捕されそうになったから森に逃げたよ、とけろりと言います。

 この事件からも、政府が畑荒らし問題の解決を前進させない限り、まともにパトロール活動ができずゾウの密猟、象牙・ゾウ肉の密輸を見逃すことになるという状況ははっきりしています。村人の態度にもおおいに問題はありますが、それを把握したうえで和解できる着地点を探すのが公園当局側の役割だと思うのですが、なかなか両者の言い分は平行線でうまくいきません。

 その後EUから派遣されたフランス人2名が農村開発事業の可能性の調査で村を訪れましたが、こういうトピックなら村人は大歓迎で、彼らを歓待していました。

ゾウによる損失を補う別の活動が外部からの支援により活性化されて貧困が緩和されれば、少しは当局への怒りもおさまるのではと期待しています。

 私も代替活動として村人が期待をかけているカカオ園の事業をミエレクカ、ゴア、コモの3村の合同グループで始めるため、NGOの書類づくりの手助けをしています。

Burogu

▲村で始めたパン屋

| | トラックバック (0)

« 2008年6月19日 | トップページ | 2008年10月3日 »