« 2008年1月16日 | トップページ | 2008年2月19日 »

2008年2月 4日 (月)

インド、絶滅危機のトラの保護に160億円投じる。

 2007年1月31日のロイター配信記事によると、インド政府が絶滅の危機にひんしたトラを守るため、今後5年間に総額60億ルピー(約160億円)を投じることにしたと30日発表したそうです。

 インド政府が本格的にトラ保護の予算を組んだことは非常にうれしいです。このお金がトラの保護に生かされるよう、切に望みます。

 トラの保護に必要なことは密猟防止と生息地の環境保全、孤立化しているトラ保護区をコリドーでつなげることです。保護区内で生活している村人やコリドー予定地に居住している村人の移住のための補償金にぜひ使って欲しいです。

 また効果的なパトロールができるよう保護区レンジャーの教育や装備費用にもあて、保護区の管理がきちんと行われるようにしてもらいたいです。

 お金の使い道をしっかり見ていきます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ロイターニュース 全文
[ニューデリー 30日 ロイター] インドは、絶滅の危機にひんしたトラを守るため、今後5年間に総額60億ルピー(約160億円)を投じることになった。同国内閣が30日発表した。
 政府当局の統計によると、同国のトラの生息数は、1世紀前は約4万頭だったものが現在は1300─1500頭まで減少している。
 同国のトラ保護当局には、過去5年間で15億ルピーの予算しか下りていなかったという。
 同保護当局の責任者は「予算の大幅増は、政府がトラの保護問題を重要視していることの表れだ」と語った。
 内閣が出した声明によると、新たな予算は、トラの生息地に暮らす住民や部族コミュニティーの移動のほか、新たに設置する8つのトラ保護地などに充てられる見通し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月16日 | トップページ | 2008年2月19日 »