« ▼ スローロリス、2日目の審議 詳細(2) | トップページ | ▼ 食欲が失せるほど、高い! »

2007年6月 9日 (土)

▼ 世界は日本をどうみているのか?

     

◆ 世界はこうみる、日本はどんな野生動植物も利用したい国だ

   

6月8日、スローロリスの付属書Ⅰ掲載が決定した直後、私は会議場をそそくさと出て、上着を脱ぎ捨て、600冊以上の重い重い象牙のレポート運びに汗を流しました。

途中、何人ものNGOが集まってきて、しばし台車を停め、スローロリスの結果を抱き合って祝福しあいました。

   

大喜びの後は、皆、日本が賛成したことを口々に不思議がりつつ、「てっきり最後にケチがつくかと思ったが、日本は大変すばらしかった」と言っていました。

議長が日本とJWCSを最後に指名したことについては、「それまでの政府もNGOも皆、賛成だったから、反対しそうな政府とNGOを指名したんだよ」と言った人がいました。

確かに、議長としては満場一致でいけるかどうかの感触を得るため、反対意見があるかどうかを把握しておく必要があります。

でも、どうして野生生物を保護する立場のJWCSが? という点ですが、議長はJWCSのことを知らないので、日本のNGOだったら政府のように取引禁止には反対するのではないかと予想したわけです。

  

これには、また苦笑いでした。
当たっているかどうかは別として、これほどの日本のイメージができ上がるには、それだけの理由があるわけです。

   

たとえばこんな過去 参照記事へ

   

私自身、日本が附属書Ⅰへの掲載提案にはっきりと積極的に賛成するのを見たのは始めてのことでした。ただし、姿勢を変えたといえるかどうかは、なんともいえません。今回は、もしあそこで反対していたら、悲惨な孤立状態になることは必至だったという事情があるからです。

   

(JWCS事務局長 坂元雅行)

   

    

|

« ▼ スローロリス、2日目の審議 詳細(2) | トップページ | ▼ 食欲が失せるほど、高い! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/6727474

この記事へのトラックバック一覧です: ▼ 世界は日本をどうみているのか?:

« ▼ スローロリス、2日目の審議 詳細(2) | トップページ | ▼ 食欲が失せるほど、高い! »