« ▼ 60トン象牙、審議状況(3) 財務省のデータは不正確? | トップページ | ▼ 60トン象牙、審議状況(5) アフリカゾウ生息国から輸出反対の声 »

2007年6月 3日 (日)

▼ 60トン象牙、審議状況(4) 日本のここが問題だ!

      

◆ 6月2日、常設委員会で行われた60トン象牙をめぐる議論を詳しく報告。 その4

           

私は、机の前のネームプレートを掲げて議長に発言を求め、現行の日本の流通管理の根本的な問題点をいくつか絞り込んで指摘しました。

      

ひとつは、個人が占有する象牙の問題です。
日本政府は普及啓発により自発的な登録を促すといいますが、法律で義務づけることなしに、わざわざ登録料を払って登録する人がいるとは思えません。
しかも、ただやみくもに登録を勧めると、現在の法律では書面審査のみで登録を認めてしまうため、かえってロンダリングのおそれがあります。
以上の問題を解決するためには、厳しい登録手続にした上で、占有するだけの象牙の登録を義務化するほかありません。

      

次に指摘したのがデータベースの問題です。
実際には、準備されているデータベースは製品から牙までたどることができないばかりか、そこに入力される情報のもとになる台帳は、小売業者の場合、2年に1度しか回収されないことになっています。これではタイムリーな情報の解析は最初から不可能です。

   

◆ 議論の結果と、詳細の続きはこちら

議論の結果 、(1) 、(2) 、(3) 、(5) 、(6) 、 (7)

      

(JWCS事務局長 坂元雅行)

                 

|

« ▼ 60トン象牙、審議状況(3) 財務省のデータは不正確? | トップページ | ▼ 60トン象牙、審議状況(5) アフリカゾウ生息国から輸出反対の声 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/6670426

この記事へのトラックバック一覧です: ▼ 60トン象牙、審議状況(4) 日本のここが問題だ!:

« ▼ 60トン象牙、審議状況(3) 財務省のデータは不正確? | トップページ | ▼ 60トン象牙、審議状況(5) アフリカゾウ生息国から輸出反対の声 »