« ▼ 60トン象牙、審議状況(7) 密猟監視システムは機能するか? | トップページ | ▼ CoP14、本会議がいよいよ開幕 »

2007年6月 4日 (月)

▼ アジアのNGO仲間、オランダに集結

         

◆ Asian Conservation Alliance (ACA)は、野生生物取引の問題に取り組むアジアのNGOのネットワークです。
SSN(世界のNGOのネットワーク)のメンバーと重なっていますが、アジアの観点を大事にするネットワークとして1994年に創立され、2003年に新たな装いで組織されました.

わたしたち JWCSが事務局となり、坂元が議長を務めています。
今回の会議には、インドのWTIからミリンドさん、
インドネシアのProFauna Indonesiaのイワヤンさん、
シンガポールのACRESからチャーリンさんが、ACAのオブザーバーとして今回のCITESに参加登録しました。

     

◆ 6月3日、CoP14開幕で顔合わせをすると、バリ島のウミガメの違法取引はどうなった?とか、新しくシンガポールにできたレスキューセンターの運営はうまくいっている?とか、話題は尽きません。

イワヤンさんとの雑談で、例の津波があったときに、ウミガメの行動から異変を察知してかなり難を逃れた村があり、その後ウミガメを熱心に保全するようになったという面白い話も聞きました。

    

(JWCS事務局長 坂元雅行)

       

|

« ▼ 60トン象牙、審議状況(7) 密猟監視システムは機能するか? | トップページ | ▼ CoP14、本会議がいよいよ開幕 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/6670570

この記事へのトラックバック一覧です: ▼ アジアのNGO仲間、オランダに集結:

« ▼ 60トン象牙、審議状況(7) 密猟監視システムは機能するか? | トップページ | ▼ CoP14、本会議がいよいよ開幕 »