« ▼ スローロリスの審議はじまる | トップページ | ▼ スローロリスを守る!国際取引は禁止!! »

2007年6月 8日 (金)

▼ 日本はいつだって保護には反対?

     

◆ 日本はどう出る? また日本だけが保護を遅らせるような発言をするのか?

   

6月7日、スローロリスの討議は途中で時間切れ、続きは明日となりました。

討議の様子はこちら 記事-1

反対意見を言う国はあるのでしょうか?ありうるとすれば日本でしょうか。

     

似たケースとして、以前の会議でリクガメの仲間の提案が討議された際、日本のみが強く反対しました。
絶滅に瀕しているのは確かかもしれないが、そうなったのは生息国の保護措置失敗の結果であって、その保護措置を改善することが先決だ、生息国の失敗によって輸入国が負担を負うことはおかしいと主張したのです。(輸入国の負担とは、輸入許可の事務負担を被るということでしょう)

    

そのとき、私は、輸入国の需要ゆえに密猟が激しく、生息国の対応が後手に回った面があるとは考えないのだろうかと思いました。
また、生息国と輸入国のどちらが悪いのかはさておいても、絶滅のおそれが生じている以上、その種の将来を考えるなら、有効と思われる措置はとっておくにこしたことはないとも思いました。
このときは、他に反対する国がない寒い雰囲気の中で、議長にそれでも反対するかと詰め寄られ、日本は、しぶしぶ全員一致に応じたのでした。

   

さて、明日はどうするのでしょうか。おそらくは、提案が通る見込みが高いと見て発言を控えるのではないかと思いますが。。。
「なぜ日本は、わざわざああいう姿勢をとるのか」とNGOや他国政府の人たちから尋ねられるこちらの身にもなって欲しいものです。

   

(JWCS事務局長 坂元雅行)

   

   

|

« ▼ スローロリスの審議はじまる | トップページ | ▼ スローロリスを守る!国際取引は禁止!! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/6709682

この記事へのトラックバック一覧です: ▼ 日本はいつだって保護には反対?:

« ▼ スローロリスの審議はじまる | トップページ | ▼ スローロリスを守る!国際取引は禁止!! »