« ▼ 坂元事務局長、オランダに到着 | トップページ | ▼ NGO発行の配付資料をセットしました »

2007年6月 1日 (金)

▼ 世界のNGOネットワーク、大記者会見!

                        

Ssn30eu

          

◆ 5月31日午前は、10時から、世界の各地域を網羅する80以上のNGOで組織するSSN(種の保存ネットワーク)による記者会見がありました。
SSNは1992年のCoP8の際に結成されました。
予防原則に立って、疑わしきは野生生物の利益にと考え、絶滅危惧種の国際取引に厳しい立場をとることに賛同したNGOがメンバー。私たちJWCSもSSNのメンバーです。
SSNのほか、CITESにかかわる様々な団体の立場についてはまた別の機会にふれられればと思います。

               

◆ 会見場所は、市街の中心にある国際プレスセンターというところで、歴史的な街並みの間を石畳の路面を歩いていきました。こちらは日本よりも7時間、時刻が遅れていますから、日本では夕方5時頃のことです。

会見は、ヨーロッパ地域のCITESへのかかわり、海洋生物(クジラ、今回附属書改正提案が出ているサメ類、ヨーッロッパウナギなど)、木材にされる樹木種、トロフィーハンティング、象牙取引、アジア大型ネコ科動物の各テーマについてプレゼンテーションがあり、その後個々の取材という流れでした。集まったメディアはそれほど多いといえませんが、大変熱心で、会見後に様々なNGOを取材していました。

       

◆ 私も、プレゼンの後に地元オランダとドイツの記者に取材を受け、昨年日本で起きた2.8トン象牙の密輸事件のその後や日本の国内取引管理に問題があることを話しました。

       

(JWCS事務局長 坂元雅行)

                  

             

|

« ▼ 坂元事務局長、オランダに到着 | トップページ | ▼ NGO発行の配付資料をセットしました »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/6637647

この記事へのトラックバック一覧です: ▼ 世界のNGOネットワーク、大記者会見!:

« ▼ 坂元事務局長、オランダに到着 | トップページ | ▼ NGO発行の配付資料をセットしました »