« ▼ くるくる変わる審議の順序 | トップページ | ▼ カリブ海のウミガメ »

2007年6月 6日 (水)

▼ アメリカ主催、野生生物犯罪法執行のサイドイベント

      

0765catw_1

   

◆ 会期中、昼休みにはサイドイベントが開催されます。
6月5日、今日はアメリカ政府による開催です。
ACA(アジアのNGOネットワーク)がサポートする国連大学のWEMS(野生生物犯罪モニタリングシステム)や、JWCSのJUSTICE(日本における野生生物取引と法執行を監視するプログラム)の関係で、各国政府やNGOが法執行関係でどのような活動をしているのか、どのような成果をあげているのかを把握するよいチャンスです。

   

北米諸国の法執行機関間ネットワークの活動成果の紹介、東南アジア諸国連合(ASEAN)の法執行ネットワークの準備状況の紹介、TRAFFICが中心となったNGOの法執行ネットワーク(取締官のトレーニングワークショップなどを開催)の紹介がありました。

    

その後の討論では、各国の法執行機関間の情報交換が問題となりました。CITES事務局から、結局お金のかからない方法は既にあるチャンネルを使って連絡を取ることなのにされていない、野生生物犯罪が軽視されているからだ、という指摘が結びとなりました。まったくそのとおりですが、全体的に新味がなかったように思えました。

    

(JWCS事務局長 坂元雅行)

     

        

|

« ▼ くるくる変わる審議の順序 | トップページ | ▼ カリブ海のウミガメ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/6695868

この記事へのトラックバック一覧です: ▼ アメリカ主催、野生生物犯罪法執行のサイドイベント:

« ▼ くるくる変わる審議の順序 | トップページ | ▼ カリブ海のウミガメ »