« ▼ スローロリス、2日目の審議 詳細(1) | トップページ | ▼ 世界は日本をどうみているのか? »

2007年6月 9日 (土)

▼ スローロリス、2日目の審議 詳細(2)

    

6月8日、スローロリスの付属書Ⅰ掲載が採択された審議の状況。
その2

討議前半の様子はこちら その1

      

Yukicop14_4

      

◆ 最後に発言を指名された政府+NGOは、日本とJWCS

最後の議長の指名は、なんと「日本、続いてオブザーバーからJWCS」でした。プロワイルドライフなどなど周りの席のNGOたちが「こりゃ、どうなるんだ」と微妙にざわめいています。

私は、(問題によっては仕方がないのですが) 国際的な場で同国の政府とNGOがやり合う感じになるのはあまり好ましくないと思っています。「取りで、こういうめぐり合わせになるのか」と苦笑いがでました。

日本政府からは、環境省の野生生物課の担当者が発言しました。「日本は、この提案に対してコメントをしたいと思います」と切り出しました。日本の用意している反対の理屈が私の頭の中にさっと並びました。

ですが、「附属書掲載基準を満たすので支持します」と簡潔に賛成したのです。おそらく沈黙、もし発言するなら反対あるいは警句のようなことを述べるだろうと思っていたので、少し驚きました。

   

◆ スローロリス満場一致で附属書Ⅰへ!

   

続いて、偶然ながら私の発言が締めになりました。

    

「議長、国際的なペットマーケットにおけるスローロリス類の需要は高く、たいへん高額で取引されており、この需要を当て込んで密輸が増えています。2006年には日本の税関で100頭を超えるロリスの輸入が差し止められました。タイ及びインドネシアから日本へという違法取引ルートが確立しているのです。密輸されたスローロリス類は、動物園に収容される前に、多数が死亡しています。この死亡率の高さが、市場が求める正味量以上の大量のロリスの供給を促すことになってしまっています。それにもかかわらず、ロリスの密輸に対する法執行は厳しいとはいえません。その大きな理由のひとつとして、ロリスがCITESで附属書Ⅱに掲載されているにすぎないことがあげられます。スローロリス類を附属書ⅡからⅠへ移行することは、税関などによるロリスの違法取引に対するより厳しい法執行を促し、また国内流通の規制の強化を促す効果も期待できるでしょう。附属書Ⅰへの掲載は、スローロリス類の保全に貢献すると考えます。」

Yukicop14_8

   

これで審議を終え、議長は、「満場一致で採択します」 と告げました。

   

つまり、スローロリスは無事、附属書Ⅰに掲載されることに!

原則として、スローロリスの国際取引が禁止されることになりました。

   

(JWCS事務局長 坂元雅行)

   

    

    

|

« ▼ スローロリス、2日目の審議 詳細(1) | トップページ | ▼ 世界は日本をどうみているのか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/6727410

この記事へのトラックバック一覧です: ▼ スローロリス、2日目の審議 詳細(2):

« ▼ スローロリス、2日目の審議 詳細(1) | トップページ | ▼ 世界は日本をどうみているのか? »