« ▼ 日本でも大人気!ペット需要高まるスローロリス | トップページ | ▼ スローロリスの審議はじまる »

2007年6月 7日 (木)

▼ 在庫象牙60トン解禁でも、浮かない業界の顔?

        

◆ 象牙問題・・・
6月2日に行われたCITES常設委員会の決定により、ボツワナ、ナミビア、南アフリカは、3国あわせて60トン以内の象牙を日本へむけて輸出できる状態になりました。中国の輸入国指定は来年の常設委員会で再度議論されることになりますから、アフリカ諸国がさっさとオークションを行えば、日本しか買うことはできません。ただ、日本と中国とどちらがたくさんお金を出すか、ということで、アフリカ諸国が模様眺めをするといううわさもあります。

   

◆ 1999年に日本が50トンの象牙を輸入したときは、13社(業界団体の組合員のみ)がオークションに参加を許されました。このような入札者の限定は、輸出国の意向という建前のようですが、実際には、日本の経済産業省と象牙業界団体で決めたことでしょう。アフリカ諸国とすれば、違法取引をするような業者が入ってきては困るが、同じ組合の人しか入札しないなら、談合が生じて高値で売れない、という懸念があるはずです。

     

◆ 今回、もし日本と中国が競り合うことになれば、オークション価格はさらに高くなり、仮に日本の業者が競り落とせたとしても、日本国内で未加工象牙や印材を卸すときにはいったい幾らになるのか、はたして元がとれるのか。中国マネーは想像するよりさらに強力なようです。

   

このように、日本の象牙業者にとっても決して手放しで喜んでいられる状況とはいえないのが現状ですが、ゾウにとってはそれどころではありません。元がとれる安い象牙=密輸象牙の需要が高まることは必至です。

   

◆ ボツワナ、ナミビアによる、2002年以降に蓄えられた新たな在庫象牙、それ以降毎年一定量の象牙を輸出するという新たな提案は、今のところ、来週初めに議論されると見られています。
日本と中国が競り合うような状態になってくると、目の前に札束がぶら下がっているようなものですから、アフリカ諸国も新たな解禁により熱心になるでしょう。ゾウにとっては本当に厳しい状況です・・・。

   

(JWCS事務局長 坂元雅行)

   

    

|

« ▼ 日本でも大人気!ペット需要高まるスローロリス | トップページ | ▼ スローロリスの審議はじまる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/6697654

この記事へのトラックバック一覧です: ▼ 在庫象牙60トン解禁でも、浮かない業界の顔?:

« ▼ 日本でも大人気!ペット需要高まるスローロリス | トップページ | ▼ スローロリスの審議はじまる »