« ▼ オランダの明るい夜 | トップページ | ▼ どっちが大事? CITESと貧困地域の生計 »

2007年6月 7日 (木)

▼ 保全を呼びかけるフラッグ

     

◆ ホテルから会場までは歩いて5分もかからないくらいですが、その間の歩道に沿って、多くの横断幕が出ています。ホスト国のオランダは公式バナーで、きれいな黄緑地に野生生物の足跡がついているものです(植物は足跡ではありませんが)。

Cop14_logo_1     

ポスターです 

     

    

Kaigijo_1

会議場です

   

     

◆ 世界自然保護基金(WWF)はヒョウの保護を訴えています。しかし、昨日ウガンダがヒョウを附属書Ⅰにとどめたままで年間28頭を輸出する提案を出し、採択されてしまっています。

07662wwf

     

0766wwf2

  

     

◆ 国際動物福祉基金(IFAW)は、このままでは野生動物は名前しか残らない、というキャッチコピーで多数のバナーを出しています。

0766ifaw

  

(JWCS事務局長 坂元雅行)

  

  

|

« ▼ オランダの明るい夜 | トップページ | ▼ どっちが大事? CITESと貧困地域の生計 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409162/6693837

この記事へのトラックバック一覧です: ▼ 保全を呼びかけるフラッグ:

« ▼ オランダの明るい夜 | トップページ | ▼ どっちが大事? CITESと貧困地域の生計 »