« 2007年6月4日 | トップページ | 2007年6月6日 »

2007年6月 5日 (火)

▼ 志半ばでこの世を去った世界の功労者たち

      

◆ 毎回恒例、表彰式

6月4日、午後6時から、IMEXというドーム状の全方位シアターで、世界のNGOのネットワークである、SSN(種の保存ネットワーク)のレセプションが開催されました。

冒頭には、野生生物犯罪の摘発の功労者をCITES事務局長が表彰するという恒例のイベントが行われました。表彰された人のうち数人は志半ばでこの世を去った方です。しかもその方たちは過去にも表彰を受けていました。途上国で野生生物犯罪と戦うことがどれほどのことかを再認識せずにはいられません・・・。

     

その後、すばらしいサファリの映像が上映されたのですが、会場で政府代表と話したり、他のNGOとの情報交換に熱中しているうちに結局見そびれてしまいました。
実際、レセプションは政府代表との情報交換や働きかけをするのにとてもよい機会なのです。

    

明日も忙しくなりそうです。

   

(JWCS事務局長 坂元雅行)

                          

| | トラックバック (0)

▼ 野生生物犯罪モニタリングシステムとは?

    

Wems         

◆ 国連大学によるサイドイベント「WEMS(野生生物犯罪モニタリングシステム)」でコメント

     

6月4日、午前の本会議全体会セッションが終わりに近づき、国連大学のサイドイベントへ急ぎます。

違法取引などの野生生物犯罪を撲滅するために、各国の法執行当局(日本では警察と税関)が努力を続けていますが、近年は犯罪が組織化される傾向もみられるといい、問題は深刻化するばかりです。

問題を解決していくためには、国境や地域を超えた野生生物犯罪情報の交換が必要です。この問題に関心を持った国連大学は、地理情報システムを組み込んだデータベースなどを中心としたWEMS(野生生物法執行モニタリングシステム)を構想しました。
その予備研究にACAが協力しています。

    

◆ 今日のイベントのスピーカーとして、
インターポール(国際刑事警察機構)からピーター・ヤンガー氏(本部のリヨンに常駐する野生生物犯罪のプログラムマネージャー)、
インド政府代表のライ氏、
このプロジェクトを助成している国際動物福祉基金(IFAW)のピーター・ピューシェル氏が壇上に上がりました。

会場には、多くの政府代表やNGOが集まり、盛況でした。4人のスピーカーの講演後、ACAの議長として、私からもコメントをしました。強調したことは、次の2点です。

1.WEMSが野生生物犯罪の傾向を分析し、その深刻さを客観的に明らかにできれば、各国政府が野生生物犯罪の撲滅により高い優先順位を置くことが期待できること

2.各国からインターポールへ野生生物犯罪の捜査情報が積極的に寄せられるよう、WEMSが技術的に支援すること(現時点では捜査情報の集まりがよくない)

   

インターポールもインド政府もWEMSに高い関心を示していました。また、会場からはオランダ政府、カメルーン政府、ドイツ政府、CITES事務局などからコメントがありました。
WEMSの仕組みと課題をより具体化していく必要はありますが、野生生物犯罪の撲滅に向けて新たなツールとして関係者から期待されているといえます。

Sakamoto    

   

(JWCS事務局長 坂元雅行)

   

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

▼ NGOの参加に反対する国は・・?

    

Opening              

◆ 本会議の審議の開始

6月4日、9時前に本会議場へ行ってSSNダイジェスト(議題の要約とSSNの意見を収録したカラー冊子)を入場する政府代表に配りました。

ダイジェストは英語版、フランス語版、スペイン語版、アラビア語版が作られていて、入ってくる人たちに何語バージョンかを聞くのですが、スペイン語版を配るラテンのNGOはとにかく明るく、笑いながら売り込んでいるという感じでした。
楽しいですが、とてもまねはできません。。。

人が途絶えかけるところで本会議が始まりまた。本会議は、最初に全体会議が開かれ、その後第1委員会、第2委員会に分かれます。今日は初日で全体会議のみです。

    

◆ NGOの参加には、各国政府の承認が必要

オランダの環境大臣が議長となって、会議が始まりました。今日は手続き的なこと、報告事項ばかりですが、ひとつ緊張する瞬間は、オブザーバーの承認についてです。我々はすでにオブザーバー登録をすませていますが、最終的な承認は締約国会議が行います。

以前の会議で日本政府がグリーンピースについて承認しないと主張したことがありました。また、議事進行規則の中でNGOを公式の作業部会の傍聴から排除するよう主張したことがありました。

しかし、今回は何事もなくオブザーバー全員が承認され、ほっとしました。

   

(JWCS事務局長 坂元雅行)

     

| | トラックバック (0)

▼ 国際会議でNGOはこんなことします

     

◆ 6月4日、午前8時、SSN(種の保存ネットワーク)のメンバーであるNGOたちは会場内のSSN控え室に行き、そこで手短に情報交換や作戦会議を行います。

SSN内には、アフリカゾウ、木材種、海洋種、アジア大型ネコ科動物というように、多くのワーキンググループが作られていますが、それぞれの会議日時などもそのとき知らされます。
本会議の間を縫ってあまりに色々な予定があるのでフォローするだけでも大変です。例えば、細々したものを除いても、今日の予定はこうでした。

―――――    

8時10分:SSN会議

9時前:スローロリス打合せ

9時:本会議場前でSSNのCITESダイジェスト(すべての議題の要約とSSNの意見を収録したカラー冊子)を配布

9時:本会議出席

12時:国連大学によるWEMS(野生生物法執行モニタリングシステム)に関するサイドイベントに出席、発言

14時:CITES締約国アジア地域会合の会場前でJWCS/ACAスローロリスのレポートを配布し、提案の支持を要請

14時:SSNアフリカゾウワーキンググループに出席

18時:SSNレセプションに出席

―――――   

フル稼働で働いています。 

  

(JWCS事務局長 坂元雅行)

         

     

| | トラックバック (0)

« 2007年6月4日 | トップページ | 2007年6月6日 »